トリマーの資格取得|ペットトリマーを目指す人の情報サイト

はじめに

トリマー画像

当ページでは、これからトリマーを目指す人向けに、

 

・トリマーになるには?
・知名度の高い資格は?
・お得な資格の取得法は?
・効率的な学習方法は?
・費用はどれくらいかかる?

 

などなど、多くの人が抱きがちな疑問を1つずつ解決していきたいと思います。

 

トリマーになるには?

トリマーとは?

ラブラドールレトリバー画像

トリマーは、一言で言えば「犬の美容師さん」。

 

海外ではグルーマーとも呼ばれ、ペットサロンやペットショップで、犬のシャンプー・カット・爪切り・耳掃除などのトリミングをおこなうのが仕事です。

 

他にも、犬の健康をチェックしたり、飼い主さんに犬のしつけや育て方などの専門的なアドバイスをしたりします。

 

トリマーは、日々”犬と触れ合い、犬を綺麗にして、お客さんにも喜んでもらえる”、夢とやりがいの持てる素敵な職業なのです。

 

【トリマーの主な就職先】
ペットサロン・ペットショップ・動物病院(トリミングサロン一体型)・ペットホテル・ブリーダー専属トリマー・ドックショー専属トリマー・ドッグカフェ・学校の講師・独立開業など

 

なるには?

専門学校・スクールに通う
通信講座を利用する
働きながら独学で学ぶ

 

トリマーになるには、上記3つの方法があります。

 

どれも年齢・学歴不問のため、どなたでも挑戦することができます。

 

大手転職会社の調査データによれば、トリマー全体の93%が「スクール(通信講座を含む)で資格を取得したうえで就業した」と回答しています。

 

専門のスクールでは、学生をはじめ、主婦や社会人など、10〜40代の幅広い年齢層の人達がトリマーを目指して勉強しています。

 

よほどの事情がない限りは、スクール(または通信講座)で事前に学習を積み、最適限のスキルを身に付けたうえでトリマーになるのが一般的です。

 

なぜ、資格が必要なの?

厳密に言えば、トリマー資格は数多く存在していますが、全て民間の団体が認定してるため、資格や免許が無くてもトリマーとして業務をおこなうことは可能です。

 

しかし、これはあくまで法律上の話であって、全く経験のない状態でいきなり現場に飛び込んで業務をこなすとなると、誰よりも、何よりも、あなた自身が1番辛い想いをすることになります。

 

100種類にものぼる犬種の性格や毛質の違いを理解するだけでも大変なのに、さらにそれぞれに合ったヘアスタイルを提案しなければいけないトリマーは、世間で考えられている以上に難しい仕事なのです。

 

無資格は危険行為!?

トリマー画像

想像してみてください。

 

カットをする相手は話の通じる人間ではなく、縦横無尽に動き回るワンちゃんです。

 

知り合いのワンちゃんは、未熟なトリマーさんに耳をハサミで切られてしまい、顔が血だらけになってしまいました。

 

逆に、暴れ回る犬に噛まれて怪我をしてしまったトリマーさんもいます。

 

トリマーにとって、ペット全般に対する深い知識や経験は不可欠であり、求人案件を見ても無資格者を受け入れてくれるサロンはほとんどありません。

 

そのため、トリマーになるには、まずはスクールや通信講座でトリミングのスキルをはじめ、獣医学・犬の行動学・手入れ方法・スタンダード(犬種の理想姿)など、業務に必要な知識を事前に習得する必要があるのです。

 

失敗しない!スクールを選ぶには?

ブラッシュアップ学び画像

ブラッシュアップ学びロゴ
スクール専門の一括資料請求サイトです。人気のトリミングスクール&通信講座を一目で比較できるのでとても便利♪講座によって取得できる資格・カリキュラム・料金などが異なります。まずは気になる講座の資料を取り寄せ、各スクールの特徴や強みを確かめてみましょう。

 

詳細ページボタン画像

 

おすすめの資格はどれ?

トリマー関連の著名な資格は以下になります。

資格名 認定団体
JKC公認トリマー ジャパンケネルクラブ
JPLA公認トリマー 日本ペット技能検定協会
JCSA公認トリマー 日本キャリア教育技能検定協会
JSAE公認トリマー 全日本動物専門教育協会
PSG公認トリマー 共同組合ペットサービスグループ
JDA公認トリマー 全日本愛犬技術者指導協会
AKC認定トリマー 青山ケンネルカレッジ
PD公認トリマー 日本警察犬協会
PEIA認定ペットトリマー ペットエステ国際協会
トリミングマスター 日本スキル&キャリア推進協会
ICC認定グルーマーライセンス インターナショナル・キャット・クラブ
ペットスタイリスト 日本能力開発推進協会
トリミング技能士 職業技能振興会
ペット・グルーミング・スペシャリスト 日本動物衛生看護師協会
愛玩動物飼養管理士 日本愛玩動物協会

 

犬の画像

ここで1つ疑問が浮かぶと思います。

 

これからトリマーを目指す人は、

 

一体、どの資格を取得すればよいのでしょうか?

 

就職に有利に働く資格はあるのでしょうか?

 

業界で最も有名で実績のある資格は、一般社団法人ジャパンケネルクラブ(JKC)が認定するトリマー資格です。

 

JKCはアジア最大規模とも言われており、トリマー業界で働く人ならば、その名を知らない人はいないでしょう。

 

資格のレベルは、「C級」「B級」「A級」「特別A級」「教士」「師範」の6段階に分かれており、試験を受けるためには、JKC公認の専門学校または認定校に通い、指定のカリキュラムを履修しなければいけません。

 

どの講座を受講しようか迷ったら、真っ先にJKCを候補に入れることをおすすめします。

 

他にも、通信講座でも取得可能な日本ペット技能検定協会(JPLA)認定トリマー資格日本キャリア教育技能検定協会(JCSA)認定ドッグトリマーなども、非常に内容が充実していて分かりやすいと評判です。

 

また少し余裕がある人は、トリマー資格と併せて、動物の習性や適正な疾病予防などを学べる愛玩動物飼養管理士の資格も取得しておくと、とても役立つと思います。

 

下調べを必ずすること

ここで1点注意してもらいたいのは、「JKC養成機関だから」「知名度が1番高いから」といった理由だけで講座を選ぶのは絶対にやめて下さい。

 

周りの評判や口コミなどで安易に学校を決めてしまったために、毎年多くの人が途中で挫折をしてしまっているのが現状です。

 

トリマーにも、それぞれ流派のようなものがあって、最初にどこで誰から学ぶかによって、今後の自分のトリミングスタイルにも大きな影響を与えることになります。

 

立派で設備がしっかりしているから良い学校という訳ではないですし、最後は自分の判断力と相性の部分が大きいです。

 

講座によって学べる技術はもちろん、学習スタイルや教育方針も異なります。

 

まずは、申し込む前に徹底的にリサーチをすることが大切なのです。

 

下調べの手順

パンフレットの写真

学校を調べる際は、はじめに出来るだけ多くの講座のパンフレットを取り寄せ、一通り講座の中身を確認してみましょう。

 

それぞれの学校の特徴や強みを念入りにチェックしたら、次に直感で構わないのでお気に入りのスクールを3つまで絞り込みます。

 

あとは、思い切って気に入ったスクールの無料説明会や体験授業に参加してみましょう。

 

実際の授業の雰囲気や、生徒の様子、講師の指導風景などを見学することで、本当に自分に合っているかどうかを見極めることができます。

 

また講師の多くは、現場でもバリバリ活躍している現役トリマー。疑問や不安などがあれば、この時点ですべて解決しておくとよいでしょう。

 

自分に合った講座を選ぶには?

ブラッシュアップ学び画像

ブラッシュアップ学びロゴ
スクールや通信講座を一覧比較&一括資料請求できるので便利♪人気のスクールは全て網羅されているので安心です。講座によって取得できる資格・カリキュラム・料金などが異なります。まずは気になる講座の資料を取り寄せ、各スクールの特徴や強みを確かめてみましょう。

 

詳細ページボタン画像

 

講座を選ぶ5つのポイント

学習スタイル

トリマー向けの講座は、一般的な通学制のスクール以外にも、社会人向けの休日講座や夜間講座、通信教育でも受講可能です。

 

もちろん、しっかりとした技術を短期間で身につけるためには、実際に学校に通い講師から直接指導を受けるのが1番の近道♪

 

しかし、時間や金銭的な理由で通学が難しい人や、家で飼っている犬の手入れやカットを目的に学ばれるのであれば、安価で手軽な通信講座がおすすめです。

 

通信講座の場合、カットの練習用でぬいぐるみを活用するため、どうしても技術面で不安が残ります。

 

その点は、ペットショップでアルバイトをしたり、動物関連のボランティア団体に参加するなど、自分なりに不足分を補う工夫をしてみてはいかがでしょうか。

 

学習カリキュラム

学校によって、指導方法や実技研修の有無、サポートの充実度なども異なります。

 

シャンプーの仕方やカットの方法など、必ずしもこのやり方が正しい、という明確な基準がある訳ではないのですが、一度間違ったクセが付いてしまうと後になって矯正するのに苦労します。

 

申し込む前に、体験会や説明会などに積極的に参加して、実際に自分の目で見て納得できるスクールを選びましょう。

 

料金

トリマー講座は、10万円以下で受講できる通信講座から、100万円以上もする通学制のスクールまでさまざまです。

 

学習スタイルや受講期間もまったく異なるため、単純な価格のみの比較は意味がありません。

 

自分の目指す将来像や学習する目的も考慮に入れたうえで、トータル的にコスパの良い講座を選びましょう。

 

各種割引&サポート

中には、期間限定で割引キャンペーンをおこなっていたり、教育訓練給付金に対応している講座もあります。

 

教育訓練給付金とは、厚生労働大臣の認定講座を受講すると、学費の最大20%を国が負担してくれるお得な制度です。

 

ほかにも、合格保証が付いていたり、受講期間の無料延長が可能な講座などもあるので、事前にパンフレットやホームページでよく確認しておくとよいでしょう。

 

就職サポート&独立支援

トリマーのお給料は、月20万前後。決して高いとは言えません。

 

どうせ就職するのであれば、「年金」「社保」「労災」などが完備された福利厚生の充実した職場を希望する人が多いのではないでしょうか?

 

しかし、ハローワークや求人誌などに掲載されている案件の場合、長い期間募集がおこなわれているにも関わらず、全く応募のない”残りもの求人”がほとんどです。

 

条件の良い求人の多くは、表に出回ることなく、大手ペットサロンや動物病院などから直接、提携先のスクールに優先的に斡旋されているのです。

 

各スクールの無料パンフレットには、過去の就職実績なども全て掲載されています。

 

資格取得後に就業を希望する人は、”就職に強い”コネクションを持った講座を選ぶことが重要です。

 

実際にトリマー講座を比較してみました♪

ペットトリマー資料の画像

それぞれの講座の違いを比較するのは大切だって分かっていても、自分で1つ1つ調べていくのって案外大変ですよね…

 

そもそも、どこにどんなスクールがあるのか全て調べるのは不可能だし…

 

見つけても自宅の近くでやってなければ意味ないし…

 

そこで、今回私はトリマー講座専門の一括資料請求サイトを活用して、複数のスクールから資料を取り寄せることにしました。

 

一括資料請求サイトは、いくつかの会社で提供されていますが、その中でもおすすめは「ブラッシュアップ学び」です♪

 

他社に比べて、トリマーやペット関連のスクール掲載数がダントツで、有名ドコロはすべて網羅されているから安心なんです。

 

一括資料請求サイト「ブラッシュアップ学び」を利用するメリットは以下になります。

 

全て無料で利用できる
一目で講座の特徴を比較できる
自分でスクールを調べる手間がかからない
掲載数が多いので抜け漏れがない
送付先住所の入力が1回で済む
煩わしい営業電話などが一切かかってこない

 

請求から数日後、自宅近くにあるJKC認定校「メジログルーミングスクール」をはじめ、「イオンペットビューティサロン」「SJDドッググルーミングスクール」等など、10以上のスクールから資料が届きました。

 

他にも、通信講座で有名な「ヒューマンアカデミー 」「日本ケンネルカレッジ」「トモニートモロー」などの資料も一緒に届きました。

 

ちなみに、「トモニートモロー」は、全米グルーミングコンテスト2位を受賞したカリスマスタイリスト・長瀬健一さんの技術を学べると最近話題になっています。

 

早速、資料の中身を確認してみました♪

トリマー・インタビュー画像

届いた資料を確認すると、講座の案内や料金表はもちろん、未経験からトリミングサロンを開業した主婦のインタビュー記事や、使用するテキストのサンプル、講師のプロフィールなどが写真付きで分かりやすく解説されています。

 

なかなか知れないトリマー業界の内部事情なども詳しく書いてあるので、雑誌感覚でパラパラと眺めてみるだけでも面白いです♪

 

未経験からサロン開業なんて聞くと、夢のまた夢のような話に感じられるかもしれませんが、独立開業に特化した講座もあり、「契約書関連ツール」や「営業ツール」など必要なものは全て提供してくれます。

 

さらに、過去にいくつものサロン開業を手がけ、成功を収めてきた専門コンサルタントが、集客プランからマネージメント、経営ノウハウまで包み隠さず教えてくれるので、初心者でも「無理なく、不安なく」スタートを切ることができます。

 

もちろん、資格取得後、ペットサロンや動物病院に社員として就職することも可能です。

 

就職先や研修先についても資料に詳しく書いてあるので、興味のある方は無料で取り寄せてみてはいかがでしょうか。

 

無料で資料を一括請求するボタン

 

 

私が当サイトを開設した理由

プロフィールの写真

当サイトでは、これからトリマーを目指す方向けに、資格の取得方法や自分に合った講座を選ぶポイントを紹介しています。

 

実は、私も2013年3月、通信講座でトリマー資格を取得した1人。

 

子どもがまだ小さかったこともあり、時間的にも経済的にも、自宅で自分のペースで学習できる通信講座がぴったりでした。

 

「トリマー」という仕事に、以前から興味を抱いていたものの、最初は全くのド素人。

 

それでも、

 

「愛犬マロちゃんにトリミングしてあげたい。」

 

「子育てをしながらトリミングを学びたい。」

 

という何気ない想いから講座に申込み、その結果、未経験から「トリマー2級」「トリマー1級」に合格することができました。

 

約1年間のトリミング実技研修の中で、先生方の適切な指導のおかげもあって、自分の技術も少しずつ上達していきました。

 

今でも、教わった通りにカットできたときの感動は忘れません。

 

また、卒業して独立や就職の道を進む先輩の姿を目の当たりにし、当初は、自宅のワンちゃんのトリミングをすることを目的にスタートした通信講座でしたが…

 

徐々に、「私もペットサロンで働いてみたい。」「いずれ独立して自分のお店を持つのも夢じゃない!」という新しい気持ちと、やる気が芽生えてきました。

 

現在は、都内のペットサロンで、独立に向けた準備を進めながら、スタッフとして働いています。

 

オーナーとも本当に仲が良く(*^^*)ショップの休みの日は、一緒に犬の散歩に出かけたり、年1回スタッフみんなで旅行に行くほど仲良しです♪

 

家事と仕事に追われる忙しい毎日ですが、今がこんなに充実しているのは、あの時、思い切ってトリミング講座を受講しようと決意したことがきっかけです。

 

今後の目標は、ワンちゃんのしつけや健康面に関する知識を深め、いずれは自宅のガレージを改装した「ペットサロン」をオープンさせることです。

 

そして、私のように未経験からトリマーを目指す人の後押しをしていきたいと考えています。

 

皆さんも、良いスクールと巡り会えることを心より願っております!!

 

トリマー講座を受講するなら?

ブラッシュアップ学び画像

ブラッシュアップ学びロゴ
「ブラッシュアップ学び」は、スクール&通信講座の専門サイト♪全国のトリマー講座を一覧比較&一括資料請求できるので便利です。トリマーになりたいと検討中の方は、まずは気になる講座の資料を取り寄せ、各スクールの特徴や強みを確かめてみることをおすすすめします。

 

詳細ページボタン画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【当サイトについて】

動物が大好きな方が動物に関係する仕事に就きたいと思うのは当然の事ですが、特に犬が好きな方にとっては、トリマーという仕事がとても魅力的に感じられる事でしょう。ペットを飼う人が増加している昨今の日本の状況を考えると、職業としても将来有望な職種と言えるでしょう。トリマーになるためには資格取得が必要?「ペットの美容師」として、またはペットたちの健康管理をサポートする職業であるトリマーは、日本の住宅事情などの理由から室内で飼育される事が多いペットたち、特に犬の手入れを一般的に行う事が主な仕事内容となっています。海外から導入された愛玩犬などの中には、定期的に毛や容姿の手入れをしてあげなくてはならない種類も多いので、都心部を中心にペットサロンが数多く展開されています。そんな中もちろんトリマーの需要も増えてきていますが、トリマーになるためには資格が必要なのでしょうか?端的に言ってしまえば、トリマーに関して特別な資格取得は必要ありません。トリマーの資格は、他のペット関連資格、動物看護師 資格・動物介護士 資格・ドッグトレーナー 資格などと同様、国家資格ではないので、技術さえあれば「トリマー」を名乗る事も出来てしまいます。トリマーの資格取得はした方が良い?特別な資格取得が必要ではない事を前述しましたが、それでも現在トリマーとして働いておられる方の多くは、民間の資格取得をされている方がほとんどです。美容師としての技術、または健康面でのアドバイスを行う事を考えると、独学に基づいた物であるより、しっかり学んで資格取得をされたトリマーに信頼が置かれるのは当然の事と言えるでしょう。また就職先を見つける際にも、全く知識も技術もないという方よりも、ある程度の知識や技術面での知識を持っている方の方が、有利な事はトリマーという職種に関しても同様です。それらを考慮するのであれば、少々回り道に思えるかも知れませんが、トリマーの資格取得をしておく方が、結果的には早く憧れのトリマー業界へ足を踏み入れる事が可能になるのではないでしょうか。トリマーになるには?テーブルの上でおとなしくカットされるペットの姿、はさみを自在に操って手際よくカットをするトリマーの姿に、自分もトリマーになりたいと思ったら・・・。プロ・トリマーになるにはどのような方法があるのでしょうか?トリマーになるもっとも基本的な方法は専門学校への入学です。どんなに犬に詳しくても、犬を飼ったことがあっても、自分のペットではないお客様の犬を預かり、短時間でハサミを使って仕上げなければならないのですから必要とされる技術は想像以上でしょう。犬に詳しい、犬が好きだけではプロとしての活躍は難しいのです。専門学校では、犬の種類はもちろんのこと、骨格、病気、高齢犬の扱いなど様々な分野の学習が用意されています。併せて、実際にハサミをもち、犬をカットする基本の技術から教わる事ができるので、プロになる最短コースといえるでしょう。意外に思われる方も多いでしょうが、人間の美容師、理容師資格は国家試験のある資格ですが、トリマーは民間認定資格です。専門学校を卒業したのちは自身でスキルアップを心掛け、プロとしての技術、センスを磨いてゆきましょう。時間や費用を考え、通信講座でトリマーの資格取得を目指す方法もあります。基本知識に関してはテキストやDVDを活用して学習を進めます。気になるカットの技術は、自宅でカットを終えた教材のぬいぐるみを添削課題として宅急便で提出する講座もあります。学習時間に融通が効くので、自身の苦手分野の克服やじっくりとカットの練習に取り組むことができるでしょう。トリマーとして仕事をするには、必須とされる資格制度はありませんので、この仕事では見習い制度もごく当たり前に考えられています。中でも、ドッグショー参加を目指す犬専門のトリマーやアメリカやオーストラリアで一般的なハサミを使わずにバリカンで仕上げる手法などを身に着けたい場合、直接見習いとして就職し、技術を身に着け、一人前のトリマーを目指すです。トリマーは民間資格ですから、自分次第でいくらでも技術習得の方法を見出すことができる仕事です。ぜひ自分なりの道を見つけてみましょう。信じられないかもしれませんが、国内の犬の飼育頭数約1,087万頭(平成27年時点)に対して、トリマーの数はたったの1万5千人ほどしかいません。まだまだ人材が不足しており、今後さらに活躍の場は増えていくと予測されています。

更新履歴